« 欧州貿易連合が金融引き締め政策を07年に継続しないことを要請 | トップページ | 強いドルは国益 »

2006.12.08

中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因

 新華社の報道(8日)

 中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因となっており、大規模行動に対応する際、武力行使は「慎重に」行うべきとの考えを示した。

 中国における反政府抗議行動や暴動の増加への対処に関し共産党の統治能力にとって難題となっていると報じた。

 
 中国では、過去30年にわたる市場改革によって、国民の生活水準は向上したものの、貧富の差や地方と都市部の格差が拡大し、ここ数年、社会不安が高まっており、格差指数が限界を超えており、リスクの示現も時間の問題かもしれない。

 万一、暴動が拡大した場合には、日本経済へのインパクトはのみならず世界経済への影響は計り知れずハイパーインフレが起きる可能性も否定できない。

 特に、貿易立国である日本にとっては致命傷となりえる。

 

« 欧州貿易連合が金融引き締め政策を07年に継続しないことを要請 | トップページ | 強いドルは国益 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/12986322

この記事へのトラックバック一覧です: 中国では反政府抗議行動や暴動の増加が最大の不安定要因:

« 欧州貿易連合が金融引き締め政策を07年に継続しないことを要請 | トップページ | 強いドルは国益 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ