« 個人外貨購入が5万ドルまで緩和(中国) | トップページ | ASEAN会議 »

2007.01.06

外貨準備の多様化

 ポートマン 局長(米行政管理予算局 OMB)の発言(5日)

   場  所  クリーブランド(オハイオ州)

   要  件  講演後の質疑応答

(発言概要)

 日本や中国を含む各国の中央銀行が外貨準備の運用先を

      米ドル以外 の通貨に多様化する決定

を下しても、米ドルの急激な下落にはつながらないとの 見方を示した。         

      

 米国は、依然 として大きな投資先で、その一部の背景には比較的低金利ながらも良好なリタ ーンがある。

 米国経済は強く成長しており政治も安定していると語っ た。         

      

 一部中銀が投資を引き揚げて他通貨で即刻運用する 決定を下したとしても、経済の現状からして、米ドルの価値や金利に大きな影響 を与えることはないと述べた。         

      

 日本銀行を含む各国中銀にとって米国は

      魅 力的な投資先であり続ける

とも語った。

 
         

« 個人外貨購入が5万ドルまで緩和(中国) | トップページ | ASEAN会議 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13359709

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備の多様化:

« 個人外貨購入が5万ドルまで緩和(中国) | トップページ | ASEAN会議 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ