« 中国の黒字は深刻な水準 | トップページ | 遅行の利上げではリスクの拡大に寄与するだけだ »

2007.01.25

米ドル離脱の流れ

 Ulyukayev第一副議長(ロシア中央銀行 CBR)の発言(24日)

 ロシアは外貨準備における多様化の構造を年内に発表し外貨準備の内訳をさらに多様化させる と発言した。

 なお、ロシアの外貨準備は12日現在で3017億ドル。

 内訳としては、米ドル建てが6割、ユーロ建てが3割以下、そのほかポンド、円が占めていると言われる。

 また、クウェートのフマイディ財務相もダボスで行われている世界経済フォーラムにおいて

    自国通貨のドルペッグ制廃止を検討している

などと述べていることなど、いずれの発言も、米ドルに対する長期的な影響としては考慮に入れておく必要がありそうだ。

« 中国の黒字は深刻な水準 | トップページ | 遅行の利上げではリスクの拡大に寄与するだけだ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13649425

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル離脱の流れ:

« 中国の黒字は深刻な水準 | トップページ | 遅行の利上げではリスクの拡大に寄与するだけだ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ