« 円キャリーの巻き戻しの可能性 | トップページ | キャリー解消の動き »

2007.01.27

アダムズ財務次官(米国)の発言

 アダムズ財務次官(米国)の発言(26日)

   場  所  ダボス
   要  件  世界経済フォーラムで記者団に対し

(発言概要)

 日本経済にはまだ弱い部分があると述べた上で

     

日本 の金融政策は適当

との見解を示した。
 また、独のエッセンで2月9-10日に開催される7ヵ国財務相・中央銀行(G7)で為替問題が議題になるかについて は

     まだ検討中

とかわしつつ、為替はファンダメンタルズに沿いオープンな市場で決定されるべきとの常套文句を繰り返した。

 米国としては、米国債券や米ドル下落による影響で国内経済へのインフレ圧力の増加ともなることから慎重な発言になったようだ。

 

« 円キャリーの巻き戻しの可能性 | トップページ | キャリー解消の動き »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13674044

この記事へのトラックバック一覧です: アダムズ財務次官(米国)の発言:

« 円キャリーの巻き戻しの可能性 | トップページ | キャリー解消の動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ