« FRB議事録公開 | トップページ | BOEは2月利上げの公算か? »

2007.01.10

タカ派的なバイアスを

 欧州10年国債相場は9日、ユーロ圏の経済成長とインフレが加速しているとの兆候が示された影響から下落し、利回りは昨年8月以降で初めて4%に達した。

 同日発表された11月のドイツ鉱工業生産指数速報値が前月比1.8%上昇と予想外に勢いが見られた。
 このため、欧州中央銀行(ECB)は今後、インフレ加速を抑えるために当面タカ派的なバイアスを続ける公算が大きいと見られ、利上げを実施するとの判断が市場の流れとなっているようだ。

 

« FRB議事録公開 | トップページ | BOEは2月利上げの公算か? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13415067

この記事へのトラックバック一覧です: タカ派的なバイアスを:

« FRB議事録公開 | トップページ | BOEは2月利上げの公算か? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ