« 非鉄金属相場が反転すれば | トップページ | キング総裁(BOE) »

2007.01.24

ECB要人のタカ派的な発言

 ECBの次回政策委員会は2月8日に開催される。
 ここ数日の欧州要人の発言からは利上げの流れが見られる。

 ウェーバー総裁(独連銀)の発言(22日)

 中期的な物価安定リスクを考慮すると、行動の余地があると思うと述べた。

 トゥンペルグゲレルECB理事の発言(22日)

 域内景気の見通しは良好で、輸出は順調に推移していると指摘した。

 ハンス・レッカース氏(ドイツ連邦銀行の理事会メンバー)の発言(21日)

 緩やかな賃上げが物価安定の確保に向け最重要であり、それが成長を支えると指摘した。

 投資家の間では、金利先物相場の流れからみて、ECBが3月に政策金利を3.75%に引き上げるとの観測が強まっている。
 金利先物EURIBOR(3月限)のインプライド金利は22日3.93%と、昨年12月4日時点の3.75%を上回って推移した。

 同金利は1999年のユーロ導入以来、平均で政策金利を16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上回っている。

 

« 非鉄金属相場が反転すれば | トップページ | キング総裁(BOE) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13638402

この記事へのトラックバック一覧です: ECB要人のタカ派的な発言:

« 非鉄金属相場が反転すれば | トップページ | キング総裁(BOE) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ