« ECBの利上げ時期は2月実施予想が後退 | トップページ | 最低賃金引き上げ法案が通過(米国議会) »

2007.01.12

ペルシャ湾岸諸国の通貨がドルペッグ制を緩和する方向?

 アルスワイディ総裁(アラブ首長国連邦 UAE 中央銀行)の発言(11日)

 ペルシャ湾岸諸国が米ドルとのペッグ制について見直しを行っており、早ければ3月にも他通貨もしくは通貨バスケットとの連動制への切り替えや、より柔軟な為替制度への移行について合意する可能性があると述べた。

 米ドルの上値が重くなっていくかもしれない。

« ECBの利上げ時期は2月実施予想が後退 | トップページ | 最低賃金引き上げ法案が通過(米国議会) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13448029

この記事へのトラックバック一覧です: ペルシャ湾岸諸国の通貨がドルペッグ制を緩和する方向?:

« ECBの利上げ時期は2月実施予想が後退 | トップページ | 最低賃金引き上げ法案が通過(米国議会) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ