« BOEは2月利上げの公算か? | トップページ | 香港市場における中国企業の元建債券の起債を認可する方針(中国) »

2007.01.10

円安を背景とした輸出主導の回復

 中原伸之氏(前日銀審議委員)の発言(10日午後)

   場  所  都 内
   要  件  日興シティグループ証券主催
           「2007年金融市場展望 と題したセミナー

(発言概要)

 中原 前日銀委員は来週17、18日に開かれる日銀・金融政策決定会合では

    利上げをすべきでない

との見解を示した。
 昨年3月の量的緩和政策の解除や同7月のゼロ金利政策の解除は時期尚早であったと思っている。
 今回利上げするというのは全く反対だと述べた。

 仮に日銀が来週の決定会合で「時期尚早の」利上げを提案するならば、政府としては議決延期請求権を行使すべきだと指摘した。

 理由として、財政再建が焦眉の急であり、政府が財政緊縮の方針である下で金融政策は緩和を維持し、政府と協調すべきであると指摘した。

 このほか、消費者物価指数(CPI)が弱めなところに原油価格が下落しており、CPIがマイナスに逆戻りする可能性も否定できない。

 日本の経済成長は円安を背景とした輸出主導の回復であり、「弱い回復」であると語った。

 
 

« BOEは2月利上げの公算か? | トップページ | 香港市場における中国企業の元建債券の起債を認可する方針(中国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13425104

この記事へのトラックバック一覧です: 円安を背景とした輸出主導の回復:

« BOEは2月利上げの公算か? | トップページ | 香港市場における中国企業の元建債券の起債を認可する方針(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ