« 未承認の軍事攻撃の権限はない(リード上院院内総務) | トップページ | 通貨へ信任 »

2007.01.21

トウモロコシの需要と供給

 クレディ・スイス・グループのアナリストリポート(1月17日)

 原油価格上昇に伴いバイオマス燃料の増産が推進されていることからトウモロコシを原料とするエタノールの需要急増により、トウモロコシの消費に対する供給の比率が50年ぶりの低水準に近づく動きが見られる。

 このため農家が飼育する家畜は飼料価格が高くなる事から減少し、食料価格の上昇を招くとみられる。
 飼料の供給逼迫は、牛や豚、鶏の飼育コストが上昇し、一時的に家畜や鶏が大量に処分され、食料インフレにつながると予想される。

 原油価格が50ドルを割り込む水準が維持できれば、生産価格面の競争力が低下しバイオマスエネルギーへの投資は圧力となることから、商品価格の上昇は起き難い。米国からの牛肉等に輸入圧力が強まれば注意が必要だろう。


 インフレが進行することになり円高の流れが一気に加速するか、逆に、円安を進行させ米国が外貨の獲得を進める流れを強くすることや北朝鮮への食糧供給での圧力を加える動きが出るといった逆の考えもでき判断がぶれる。


 また、メキシコのトウモロコシ
を原料としたトルティーヤの価格高騰による問題の流れにも注意していく必要があるかもしれない

 

« 未承認の軍事攻撃の権限はない(リード上院院内総務) | トップページ | 通貨へ信任 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13597681

この記事へのトラックバック一覧です: トウモロコシの需要と供給:

« 未承認の軍事攻撃の権限はない(リード上院院内総務) | トップページ | 通貨へ信任 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ