« 米ドルはWボトムか?三角保合か? | トップページ | 流動性を抑制するための新たな方法 »

2007.01.08

円ロングのまき戻し

 午後4時頃発表

  ドイツ 11月小売売上高 ▲0.3%(市場予想 前月比 1.0%)
  スイス 12月失業率(季調) 3.1%(市場予想 3.0%)

と弱い数値が出た。

 午後20時発表
  ドイツ 11月製造業受注 +1.5%(市場予想通り)

と予想通りの結果であった。

 指標の予想数値に対する方向性でユーロ等欧州通貨は判断が分かれているようで揉み合いになっている。

 NZDは18日の金融政策決定会合で日銀がキャリートレードの増加を抑制するため利上げに踏み切るとの観測が高まっているこことから対円を中心にNZドルなど高金利通貨ロングの巻き戻しが進んきている。

 東京市場が休場に合わせた形で対ドルにもその動きが波及している感じで相場が推移しているようだが、LDNタイムに入ってからは売りに対する買戻しが入り始めた感じになったが持続するかは不明。

 

« 米ドルはWボトムか?三角保合か? | トップページ | 流動性を抑制するための新たな方法 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13392211

この記事へのトラックバック一覧です: 円ロングのまき戻し:

« 米ドルはWボトムか?三角保合か? | トップページ | 流動性を抑制するための新たな方法 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ