« 貿易保護法案の提出(米国) | トップページ | インフルエンザの流行シーズン突入 »

2007.02.02

ブラジル経済の拡大

 ブラジル中央銀行は(1月24日)政策金利を0.25ポイント引き下げ

13%とした際

      金融政策 会合議事録

1日公表した。

 ブラジル経済では、個人消費が加速しているため、より小幅な利下げを実施 する姿勢を示唆した。         

      

 ブラジル中銀の 利下げ幅は過去1年4カ月で最小だった。

 議事録は、経済が節度ある行動を始め たと説明した。 

 最近のインフレ加速は、食品や運賃の上昇を反映したものだと し、「インフレ圧力は向こう数週間持続するだろうが、最近の消費者物価上昇 率の加速は一時的だ」との認識を示した。

      

 1月24日の政策会合では、0.25ポイントの利下げを5人のメンバーが支持、 3人は反対し0.5ポイントの利下げを支持していた。

 米国の経済エリアであるブラジルの消費拡大は、商品市況の好調さを維持する可能性があり為替ではインフレ傾向に準じた動きが繋がっていきそうだ。

 
         

             

« 貿易保護法案の提出(米国) | トップページ | インフルエンザの流行シーズン突入 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13753606

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル経済の拡大:

« 貿易保護法案の提出(米国) | トップページ | インフルエンザの流行シーズン突入 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ