« ECBの月報(2月) | トップページ | 金融市場は日本経済の回復に反応する見込み »

2007.02.16

バーナンキFRB議長の議会証言

バーナンキFRB議長の証言(15日)

  米国議会下院金融サービス委員会での証言

  海外から 米国への資金流入と中国の通貨政策について

(発言概要)

 資金流入と米資産需要

    米国は現在、貿易・経常赤字を賄うために海外からの資金流入にい くらか依存している。現在、米資産に対する海外からの需要は公的機関、民間のいずれか らも強いものの、米ドル建て資産への需要が将来弱まるリスクはある。 

   中国の通貨政策

 中国が輸出主導の経済への依存度を弱め、内需主導の経済への依存 度を高めようとしている計画を米国は支持する。
 最終的には中国は独立した金融政策を独自の力で得るべきで、柔軟な 為替制度を採用する必要がある。輸出主導から内需主導の経済に移行する上で人民元の柔軟性が必要 だ。

 

« ECBの月報(2月) | トップページ | 金融市場は日本経済の回復に反応する見込み »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13928149

この記事へのトラックバック一覧です: バーナンキFRB議長の議会証言:

« ECBの月報(2月) | トップページ | 金融市場は日本経済の回復に反応する見込み »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ