« 中国の自由市場政策 | トップページ | ECBの独立性と物価安定の目標達成 »

2007.02.07

為替に関する共同声明はあるともないとも

 アルムニア委員(経済・通貨問題担当 欧州委員会)の発言(6日)

 今週末の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で

       為替に関する共同声明

が発表されるかどうかは分からないと述べた。

(アルムニア委員はG7に参加)

 また、G7では通常、為替相場を含めたすべての問題について議論が行われるものの為替に関する共同声明が発表されるかどうかは予測できないと発言したものの、その可能性は排除しないとも語った。

 

 欧州要人からの発言と修正で為替相場が上下に荒く動く傾向が見られ円や人民元に対する価値を上げるスタンスは変化がないもののG7開催時に影響となる為替変動を制御しているとも見られる発言であり、G7での合意取り付けまでは方向性が定まらないかもしれません。

 

« 中国の自由市場政策 | トップページ | ECBの独立性と物価安定の目標達成 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13818998

この記事へのトラックバック一覧です: 為替に関する共同声明はあるともないとも:

« 中国の自由市場政策 | トップページ | ECBの独立性と物価安定の目標達成 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ