« 経済成長率低下(中国) | トップページ | 引き締めバイアスの認識は維持 »

2007.02.10

円売りが強まった

 外為市場では、ドイツ・エッセンで9日から始まる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で円安問題が大きく取り上げられることはないとの見方が広がり再び 円売りが強まっている。

 G7開催前にドイツのシュタインブリュック財務相が

    円安は欧州経済に打撃とならない等

の発言をしているなど為替を意識した発言が見られることから、欧州からの牽制発言程度で終わるとの見方が強まっている。

 低金利の円を売って高金利通貨建て商品で運用するキャリートレードが盛り返しており、G7後に米ドル /円は125円を目指す展開になるとの指摘もでているが...
 為替の急激な変動をコントロールするような発言とも取れる。

 

« 経済成長率低下(中国) | トップページ | 引き締めバイアスの認識は維持 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13853158

この記事へのトラックバック一覧です: 円売りが強まった:

« 経済成長率低下(中国) | トップページ | 引き締めバイアスの認識は維持 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ