« イングベス総裁の議会証言 | トップページ | イラン攻撃示唆 ? »

2007.02.23

新興国通貨の動向を左右

 G7諸国は、低金利通貨で資金を調達し高金利通貨に投資するキャリートレードをめぐり、主要通貨の動向に神経をとがらせているようだ。

 市場ではキャリートレードの資金が流れる新興国通 貨の動向を左右することから関心が集まっている。

 中南米、アジア、東欧など、多くの新興国市場では、円キャリートレードの影響で、株や通貨が数年ぶりの高値に上昇している。

 日本の金利急騰や米国経済見通しの変更がない限り、今後も上昇が続くとの見方が多いものの思惑で乱高下が発生するリスクは付きまといそうだ。

 

« イングベス総裁の議会証言 | トップページ | イラン攻撃示唆 ? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14021194

この記事へのトラックバック一覧です: 新興国通貨の動向を左右:

« イングベス総裁の議会証言 | トップページ | イラン攻撃示唆 ? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ