« 一方向の賭けのリスク | トップページ | カナダ国立鉄道のストライキ »

2007.02.13

口先介入に効果なし

 ユンケル首相兼財務相(ルクセンブルグ)の発言(13日)
      ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長

    要  件  ルクセンブルグ紙のインタビュー

(発言概要)

 円は過去2年間で 35%も下落し

     対ユーロでは過去1年間に10%も下落した

との見解を示した。
 さらに、円安は問題との認識を明らかにしたが、為替市場はまったく影響が見られなかった。

 先週末に独・エッセンで開催された7ヵ国財務相・中央銀行総 裁会議(G7)で声明に円安牽制が盛り込まれなかったため、会議前に発言内容が揺れたことが影響して口先介入が効を奏さなくなっているようだ。

 

« 一方向の賭けのリスク | トップページ | カナダ国立鉄道のストライキ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13890586

この記事へのトラックバック一覧です: 口先介入に効果なし:

« 一方向の賭けのリスク | トップページ | カナダ国立鉄道のストライキ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ