« 2月の月例経済報告 | トップページ | ロシアの首都でも »

2007.02.19

中銀への政府干渉はインフレ期待を高めるリスクが高い

 ローレンス・マイヤー元米連邦準備制度理事会(FRB)理事

    中銀に働き掛けることと

干渉することは別物だと指摘している。

 中銀が政府の干渉に屈すれば

    インフレ期待が高まる危険がある

とみており、市場参加者が政治的圧力に対する

    中銀の独立性への信頼を失う

だろうと話した。

 1月の利上げ見送りによって

    日銀の評価は既に低下

している。

 1月の金利据え置き決定に先立ち日本の政治家は

    日銀は政策決定で政府の意向を考慮するべきだ

と発言していた。
 こうした発言は1月において利上げをしないように日銀に間接的に圧力をかけたと同じような効果をあげたようだ。

 

« 2月の月例経済報告 | トップページ | ロシアの首都でも »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13975229

この記事へのトラックバック一覧です: 中銀への政府干渉はインフレ期待を高めるリスクが高い:

« 2月の月例経済報告 | トップページ | ロシアの首都でも »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ