« 円安はユーロ圏経済の問題ではない | トップページ | 対中戦略経済担当特使を指名(米国) »

2007.02.13

日銀の利上げは織り込めず

 G7は声明文で市場でのリスク偏重に警鐘を鳴らした。

 為替市場の参加者の関心が再び金利差に集まる中、日銀が追加利上げに二の足を踏めば、低金利の円を調達し高金利通貨建て商品で運用するキャリートレードが活発化する可能性も出てきた。

 日銀が2月に追加利上げを実施しても、日本の政策金利は0.5%。英米の5.25%やユーロ圏の3.5%には遠く及ばない。ただ、0.25%の利上げを考えた場合のインパクトは5.25%に対する0.25%と0.5%に対するものとでは0.05と0.5ということで10倍の差があり、円キャリーにとっては金利差以上の影響があるとも考えられる。

 

« 円安はユーロ圏経済の問題ではない | トップページ | 対中戦略経済担当特使を指名(米国) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13897043

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の利上げは織り込めず:

« 円安はユーロ圏経済の問題ではない | トップページ | 対中戦略経済担当特使を指名(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ