« あいまいな目標値 | トップページ | 円高への流れが再開するかも »

2007.02.03

指標と噂で市場は変動

 ユーロドル相場は、1月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表前に急落した。

 市場では欧州中央銀行(ECB)の報道に定評のある

    マーケット・ニュース・インターナショ ナル(MNSI)

が、ECBは3月に利上げした後、数ヵ月据え置きすると報じたことが一因に挙げられた。

 ただ、ロシアがユーロのシェアを低下させ外貨準備の組み換えを行 なうとの噂が駆け巡ってインターバンク勢がユーロドルの売りを仕掛けた点の方が注目される。

 他には、ロシアが来週にルーブルを切り上げるとの噂も流れていたことから円の買い戻しが鈍い流れが見られた。

 

« あいまいな目標値 | トップページ | 円高への流れが再開するかも »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/13767596

この記事へのトラックバック一覧です: 指標と噂で市場は変動:

« あいまいな目標値 | トップページ | 円高への流れが再開するかも »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ