« 要人発言に反応せず | トップページ | 通貨下落ではインフレ懸念が台頭 »

2007.03.06

米ドルの割合が約半減

 オクダ総裁(エジプト中央銀行 CBE)の発言(5日)

    場  所  カイロ
    要  件  記者会見

(発言概要)

 外貨準備高の米ドル比率は04年の90%以上から

    現在は58%

に縮小したと発言した。

 CBEによると、1月24日時点での外貨準備高は260.9億ドルだが、対外債務の状況を踏まえると米ドル以外ではユーロ、ポンド、円となっているようだ。

 なお、市場は円キャリーの解消が継続する中で特に同ニュースには反応しなかった。

 エジプトの輸出先では1位が米国で30%程度を占めているものの距離的な関係からユーロ圏の景気改善を受けた同圏向けの輸出も拡大しつつある状況で基軸通貨から取引通貨を変更する動きが出てくるのは必然だろう。

 
 
 

« 要人発言に反応せず | トップページ | 通貨下落ではインフレ懸念が台頭 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14155538

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの割合が約半減:

« 要人発言に反応せず | トップページ | 通貨下落ではインフレ懸念が台頭 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ