« イランと米国が水面下でコンタクト | トップページ | 景気動向指数 »

2007.03.04

ネオコン派を取り込む意図は...(米国)

 国務省(米国)の発表(2日)

 フィリップ・ゼリコー顧問が今年初めに辞任した。その後、空席となっていたが後任に

    エリオット・コーエン教授(ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際研究大学院 SAIS)

を任命すると発表した。

Click here to find out more!

 コーエン氏は、ネオコンの主張に近い論客として知られており、これまでブッシュ政権のイラク政策の実施状況を批判する 論議を展開していた。

 また、ライス長官に対しては

     側近重用で現実離れした

とも批判しており、同長官の最側近として政策を勧告する顧問への登用は、イラ ク政策などを再考する意図の表れとも見られる。

 批判勢力の口を塞ぐ動きに出た感じで、泥舟に乗ることを承知したということからイラクを含め中東に対する戦略の変更が早々起こるかもしれない。

 宗教・民族紛争の拡大が懸念される地域から兵を撤収させるのは最も困難であり、為替への影響も大きく揺らぐ可能性もあることから注視したい。

  

  

« イランと米国が水面下でコンタクト | トップページ | 景気動向指数 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14131014

この記事へのトラックバック一覧です: ネオコン派を取り込む意図は...(米国):

« イランと米国が水面下でコンタクト | トップページ | 景気動向指数 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ