« 自動車市場の販売不振(欧州) | トップページ | キャリー解消で投資先債務が拡大する懸念 »

2007.03.15

住宅需要抑制に向けた追加利上げの必要性 (NZ)

 アラン・ボラード総裁(NZD準備銀行)の講演(15日)

    場  所  ウェリントン

(発言概要)

  ニュージーランドの家計が

    安価な海外マネーの流入に対する熱狂

から覚める必要があると語った。

 同総裁は8日の利上げで政策金利を7.5%しており、声明では住宅需要抑制に向け追加利上げが必要となる可能性を示唆していた。

 政策金利は過去最高水準が続くか一段と引き上げられるとの観測が高まったことから外国為替市場でNZDは一時上昇したものの上値のしこりがあり81円50銭割れ部分での揉み合いが続いている。

« 自動車市場の販売不振(欧州) | トップページ | キャリー解消で投資先債務が拡大する懸念 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14271473

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅需要抑制に向けた追加利上げの必要性 (NZ):

« 自動車市場の販売不振(欧州) | トップページ | キャリー解消で投資先債務が拡大する懸念 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ