« 抵当資産の売却促進へ注文 (米国) | トップページ | 日銀利上げの反対票 »

2007.03.07

情報の価値が見抜けない

 東京証券取引所は6日、大手証券の日興コーディアルグループを上場廃止とする方向で最終調整に入った。
 早ければ週末にも最終決定する。

Click here to find out more!

 前経営陣らが組織的に行った利益水増しが悪質で、市場に重大な影響を与えたと判断した模様だ。 

 なお、日興コーディアルグループは米国大手金融機関シティがTOBによる買収を行うようだ。4大証券の一角を占めていたがこれで山一が消滅してメリル傘下になったように半数が消滅、内部にある企業情報の宝庫が外資の手に渡る事になった感じだ。

 今後、外資による日本企業への買収攻勢が本格化する情報確保の足場が出来上がったのではないだろうか。

 浮動していると言われる1600兆円もの資金が流入し始めれば相互持合いやグループ持合による買収阻止の突破口を見つけ根こそぎ利益を吸い出されるかもしれない。

 これまで利益の内部留保を優先し個人株主を冷遇したため、個人株主の拡大策を講じてこなかったツケが回りそうだ。

 (相互持合い、グループ持合を買収し、持ち合い株を清算させれば残った1株の利益は大きく拡大するのでは...)

 

« 抵当資産の売却促進へ注文 (米国) | トップページ | 日銀利上げの反対票 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14171506

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の価値が見抜けない:

« 抵当資産の売却促進へ注文 (米国) | トップページ | 日銀利上げの反対票 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ