« 景気動向指数 | トップページ | 人民元の変動幅を徐々に拡大させる »

2007.03.05

キャリートレード解消で売り優勢だが

 円キャリートレードを解消する動きが継続し、週総裁が人民元の変動幅拡大を容認する発言をしているなどの影響を受けて、為替市場で円高が一段と進行している。

 円高による資産目減りを嫌い、外債ファンドから投資資金が流出するとの懸念があるもののドルコスト平均法により円高局面は買いのタイミングと受け止められ、資金の流入が続いていることから今回の谷は限定的になりそうだ。

 投資信託協会(1月末時点)

   投資信託が保有する外貨建て資産  28兆8200億円

    内  訳 
      債  券   18兆3900億円
      株  式    5兆9900億円
      その他資産 4兆4400億円

 

« 景気動向指数 | トップページ | 人民元の変動幅を徐々に拡大させる »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14141100

この記事へのトラックバック一覧です: キャリートレード解消で売り優勢だが:

« 景気動向指数 | トップページ | 人民元の変動幅を徐々に拡大させる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ