« インフレ圧力の後退 (米国) | トップページ | トルコリラとトルコ株式が急落 »

2007.04.30

鳥インフルエンザのワクチン

 北海道大と滋賀医大の発表(30日)

  喜田宏北海道大教授(ウイルス学)らがワクチンを開発し、小笠原一誠滋賀医大教授(免疫学)らが実験したもの。

 ウイルスの遺伝子が自然に組み換わる

    遺伝子再集合

という方法で鳥インフルエンザのワクチンを作り、カニクイザルの実験で効果を確かめたという研究結果が明らかになった。

 今後、医薬品メーカーなどと協力、ヒトで安全性を確かめる試験を進めるようだ。

 H5N1型ウイルス用に作った人為的な遺伝子操作で開発されたワクチンは既に臨床試験中といわれている 

 小笠原教授によると、ベトナムの患者から採取した強毒性のH5N1型ウイルスを使い、ワクチンを投与していないサル6匹の鼻の粘膜にウイルスを付着させると発熱した。

 その後、肺炎になり、感染が確認されたものの数日後に平熱に戻ったという。

 参  考

   新型インフルエンザ  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsb/topics/influenza/influenza.html

 

« インフレ圧力の後退 (米国) | トップページ | トルコリラとトルコ株式が急落 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14898458

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザのワクチン:

« インフレ圧力の後退 (米国) | トップページ | トルコリラとトルコ株式が急落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ