« 円と人民元 | トップページ | 市場介入(日銀介入)ってなんです? »

2007.04.15

円安は世界経済に脅威ではない

 週末13日に開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、欧州当局者が円相場下落は世界経済の脅威と指摘しなかったようだ。

 今週の円相場は対ユーロで最安値を更新する可能性がある。

 円相場はニューヨーク市場で13 日に、1ユーロ=161円43銭の最安値を記録した。

 G7声明は引き続き為替市場を注視し、適切に協力するとの文言を繰り返しただけで、円への言及が盛り込まれなかった。

 何も発表された以外に合意事項がなければ基本的には円売りの青信号になる可能性が高い。一部では円が第2四半期末までに対ユーロで165円まで値を下げる可能性があるとの相場展開の流れも出ている。

 欧州経済圏の拡大により円安による輸入物価下落の流れがインフレ懸念の沈静化になっていることから暫くは円が弱く流れていきそうだ。

 

« 円と人民元 | トップページ | 市場介入(日銀介入)ってなんです? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14683361

この記事へのトラックバック一覧です: 円安は世界経済に脅威ではない:

« 円と人民元 | トップページ | 市場介入(日銀介入)ってなんです? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ