« 経済指標の振れ | トップページ | 資本流出を奨励 (中国) »

2007.04.27

景気は鈍化傾向

 イエレン総裁(サンフランシスコ連銀)の講演(26日)

   場  所  ニューヨーク

(発言概要)

 景気について

    拡大ペースは鈍化している

との認識を示した上で、07年の成長予想を下方修正した。

 インフレについては

    依然、自分が望む水準より高い

としたものの今年はこれから緩やかに鈍化するとの見方を示した。
 また、金利水準には、生産性の低下で中立な政策金利が以前より低い可能性があるとした。

 質疑応答ではインフレが緩やかに低下することを繰り返した。
 ただ、我々が予想するようには低下しない恐れがあるとの見方があるとの認識を示した。

 また、米国経済のリセッションのリスクについては

    若干のリスクがある

と指摘したうえで住宅価格や着工件数の低迷を懸念しているとのこと。

 このほか、インフレターゲットをFRB全体で決定する必要があるとの見方を示した。

 

« 経済指標の振れ | トップページ | 資本流出を奨励 (中国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14864425

この記事へのトラックバック一覧です: 景気は鈍化傾向:

« 経済指標の振れ | トップページ | 資本流出を奨励 (中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ