« 貿易不均衡は不均衡というより最適化行動の結果 | トップページ | ユーロ相場が過剰にならないように »

2007.04.17

円に対する需要が高まる可能性

 トマス・ストルパー氏(英ロンドン在勤)のコメント(16日)
   エコノミスト
   ゴールドマン・サックス・グルー プ(米証券)

(発言概要)

 海外投資家 が日本の金融資産の保有を拡大し

      円に対する需要が高まる可能性

があるとし て、円は対ユーロで最安値から値を戻すとの見通しを示した。         

 円は、今後3カ月以内にユーロに対し155円30銭まで上 昇するとの見込み。         

 ストルパー氏は、「強力な資本流入が円を押し上げるだろう」と語った。         

 投資家は相当なキャリー取引を実施してきたので、ど こかの段階では、キャリー取引の拡大を警戒するようになるだろうとも語った。

   
         

« 貿易不均衡は不均衡というより最適化行動の結果 | トップページ | ユーロ相場が過剰にならないように »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14710114

この記事へのトラックバック一覧です: 円に対する需要が高まる可能性:

« 貿易不均衡は不均衡というより最適化行動の結果 | トップページ | ユーロ相場が過剰にならないように »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ