« 資本流出を奨励 (中国) | トップページ | メキシコ銀行(BOM)は政策金利を25bp引き上げた »

2007.04.27

展望リポートのシナリオが崩れる可能性

 福井俊彦日銀総裁の記者会見(27日)

     政策決定会合後の記者会見

 

(発言概要)

 2007年度の消費者物価見通しの中央値が

     + 0.1%

と低い水準にとどまったことに関連して、物価が目先弱くても経済・物価が望ましい方向にあるなら、金利調整を行っていくとの姿勢を示した。

 また、成長率見通しが07年度・08年度ともに+2.1%となったことについても、低い金利水準を維持すると展望リポートのシナリオが崩れる可能性を指摘した。

 ただ、当面は極めて低い金利水準を維持するとの従来の方針は変えないとも述べた。

 

 

« 資本流出を奨励 (中国) | トップページ | メキシコ銀行(BOM)は政策金利を25bp引き上げた »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14864621

この記事へのトラックバック一覧です: 展望リポートのシナリオが崩れる可能性:

« 資本流出を奨励 (中国) | トップページ | メキシコ銀行(BOM)は政策金利を25bp引き上げた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ