« 10億人割れ | トップページ | 円安のシナリオに修正の流れ »

2007.04.19

ユーロは下落基調を維持

 NY取引時間帯入り後もクロス円の調整売りが継続した。

 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるオルドネス総裁(スペイン中銀)が

     金融政策は緩和的 (accommodative)

と発言し、トリシェ総裁(ECB)のように

     緩和寄り(accommodative side)

としなかったことが市場の取引に影響したようでユーロの下落をサポートした。

 一方、インフレは2%を下回る見通しとも述べたことから買い戻しは限定的となっている。

   

« 10億人割れ | トップページ | 円安のシナリオに修正の流れ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14760975

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは下落基調を維持:

« 10億人割れ | トップページ | 円安のシナリオに修正の流れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ