« 保護貿易主義台頭のリスク | トップページ | 郵政公社が外債投資を拡大 »

2007.04.10

投信マネーが為替相場を席巻

 世界の金融市場の動揺が続いた3月にも、投資信託に流入した資金は1.9兆円超と単月で過去最を更新した。

 個人マネーの投資への流れが勢いを増し9割以上が海外資産に投資する商品で金利差を利用した海外資産選好は強まるばかりとなっている。

 投信への流入額が毎日500─1000億円近い金額が継続的に流入する 動きとなっており円安の流れは止まりそうにもないのが現状だ。
 ただ、海外の株式市場もそろそろ限界に来ておりリセッションの動きが強まるようであれば一気に揺り戻しが起きるかもしれない。

« 保護貿易主義台頭のリスク | トップページ | 郵政公社が外債投資を拡大 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14628915

この記事へのトラックバック一覧です: 投信マネーが為替相場を席巻:

« 保護貿易主義台頭のリスク | トップページ | 郵政公社が外債投資を拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ