« 円のレベルが問題 | トップページ | 原油先物市場は上昇 »

2007.04.20

米ドルへの肩入れが強すぎるのでは?

 渡辺博史財務官の発言(19日)

    場  所  アブダビ
    要  件  記者会見

(発言概要)

 米ドル下落を引き起こすことを懸念し、米ドルから他通貨への外貨準備のシフトに対しては慎重との認識を示した。

 大半の国が、投資を米ドル以外の通貨建て資産に分散・多様化している。
 しかし、日本はドルから他通貨へのシフトに対し引き続き慎重であると指摘した。

 日本が外貨準備をシフトすれば、米ドル下落につながる。

 そのような愚かな動向を引き起こす必要はないと述べた。

 

 米国偏重があるようで、米ドルが急落した場合の損害を考慮しておらずリスクに対する認識に欧州や中国などに比べ問題が残る。

 

« 円のレベルが問題 | トップページ | 原油先物市場は上昇 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14782493

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルへの肩入れが強すぎるのでは?:

« 円のレベルが問題 | トップページ | 原油先物市場は上昇 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ