« 戦略的互恵関係 | トップページ | 円キャリーは相場の波乱要因にはならない »

2007.04.11

世界経済の成長は減速する可能性が高い

リーカネン総裁(フィンランド中銀)の発言(11日)

    欧州中央銀行(ECB)理事会のメンバー

  要  件  フィンランドの政治家との会合後の記者へのコメント

(発言概要)

 

世界経済の成長は現在の堅調なペースから減速する見通しだが、欧州経済は好調に推移してきているとの認識を示した。

 一方で欧州の成長はここ1年で既にやや回復したと述べた。

(フィンランドについて)

 経済成長は非常に力強いものの短期的にはポジティブな要素がたくさんあるが、より長い目で見た場合には高齢化などの脅威が極めて大きいと語った。

 ECBは12日に政策理事会を開くがアナリストの多くは政策金利が

      3.75%に据え置かれる

と予想している。

  

« 戦略的互恵関係 | トップページ | 円キャリーは相場の波乱要因にはならない »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14645415

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済の成長は減速する可能性が高い:

« 戦略的互恵関係 | トップページ | 円キャリーは相場の波乱要因にはならない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ