« 4月の月例経済報告案 | トップページ | トリシェ総裁が追加利上げの可能性を示唆 »

2007.04.12

ヘッジファンドの透明度

 2月のG7に於いて、このセクターの緩い管理体制を改善する研究を始めると取り決めたことの一環として、シュタインブルグ独財務相の提唱で今週13日に開催されるG7において、ヘッジファンドの代表20名が

    内容が開示されていないヘッジファンドの透明度

を高めるための方法論について、G7各国の財務副大臣と会談することになった。

 この動きは今回が最初のフォローアップにあたる。

 なお、シュタインブルグ独財務相は家族旅行で今回のG7への出席を拒否している。

 会談はIMF総会と世界銀行会議で行われるようであるが、形式的な動きになるかもしれない。

 また、ヘッジファンドに対する監査機関の査察がこれから警告なしに行われることが頻繁に起きるのではないかと想定されているものの、米英監査機関は必要以上の管理に対して、ある程度のクッションをつけたいような発言が多く見られ各国の対応に温度差が見られる。

 

« 4月の月例経済報告案 | トップページ | トリシェ総裁が追加利上げの可能性を示唆 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14656584

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンドの透明度:

« 4月の月例経済報告案 | トップページ | トリシェ総裁が追加利上げの可能性を示唆 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ