« 相殺関税の発動 | トップページ | 為替相場は貿易黒字の一面だけ »

2007.04.01

雇用統計

 雇用統計では、失業率と有効求人倍数が発表になります。それ以外にも労働時間指数、実質賃金指数など景気、インフレなどに影響を及ぼす指数も発表されています。

 統計は月次で、翌月末に発表されます。

 失業者はそれぞれの国によって定義が異なるため、表面的な数字だけで、諸外国と失業率を比較するのは問題があります。

 米国の雇用統計は、失業率と非農業部門雇用者数を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数など10数項目が発表されます。

 非農業部門の雇用者数が最も注目を集め、この数字次第で為替相場は大きく変動します。

 米国雇用統計は、米国労働省が月初めの金曜日、ニューヨーク現地時間午前8時30分に発表します。
(夏時間 東京時間の21時30分   冬時間 東京時間の22時30分)

« 相殺関税の発動 | トップページ | 為替相場は貿易黒字の一面だけ »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16472192

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用統計:

« 相殺関税の発動 | トップページ | 為替相場は貿易黒字の一面だけ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ