« 為替レートは経済ファンダメンタルズを反映すべき | トップページ | アンザック(ANZAC)デー »

2007.04.24

ファイアウオールは安全措置のひとつだ

 銀行・証券業務の垣根であるファイアウオールをなくすような発言が見られるが、セイフティネットの観点から言えば存続すべきものだろう。

 規模の理論ではなく収益性や安全性を重視した論議がなく機関投資家としての姿勢が問題となる事案が多すぎる。

 銀行が顧客が使いやすいサービスを提供することは良いとしてもコンプライアンスを巡って金融機関に対しての行政処分を受ける例が相次いでいることなどや

     機関投資家としての利益確保の姿勢

がない(物言う株主でない)ことなど問題点が多く、ファイアウオールをなくしリスクを預金者や株主が負う必要はないと思っている。

 

« 為替レートは経済ファンダメンタルズを反映すべき | トップページ | アンザック(ANZAC)デー »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14834245

この記事へのトラックバック一覧です: ファイアウオールは安全措置のひとつだ:

« 為替レートは経済ファンダメンタルズを反映すべき | トップページ | アンザック(ANZAC)デー »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ