« 年1回の運状況報告では実態確認は不可能 | トップページ | 利上げ時期には温度差がありそうだ »

2007.05.13

国内総生産(GDP)に注目

 今週は17日に07年1Q期の国内総生産(GDP)の発表があり最大の注目材料となりそうです。

 事前予想(中央値)では

     前期比+0.7%、年率プラス2. 7%

と堅調な成長が見込まれています。

 実際の数字が予想値を上回り年率で3%台に乗せる動きになれば株高・円高が優勢となると見られているようだ。

 また、円債市場では2年債など期間の短い金利に上昇圧力がかかりやすく円キャリーの巻き戻しが強く出るかもしれない。

 ユーロ圏GDPや米国の消費者物価指数(CPI)、住宅着工件数、鉱工業生産など重要な経済指標が予定されていることから注目していきたい。

 

 

« 年1回の運状況報告では実態確認は不可能 | トップページ | 利上げ時期には温度差がありそうだ »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15050863

この記事へのトラックバック一覧です: 国内総生産(GDP)に注目:

« 年1回の運状況報告では実態確認は不可能 | トップページ | 利上げ時期には温度差がありそうだ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ