« 中国人民元上昇 | トップページ | OPECは1バレル=62-65ドルの価格帯を容認か »

2007.05.16

経済の見通しは非常に望ましい

 リプスキー筆頭副専務理事(IMF)の発言(16日)
    経済協力開発機構(OECD)会合への出席でインタビュー(パリ)

(発言概要)

 世界経済の堅調な成長と低インフレが引き続き

     企業の収益にとって良好な環境となる

との認識を明らかにした。

 経済の見通しは非常に望ましいと指摘した。

 また、欧州経済はわれわれの想定よりやや強めに推移していると述べた。

 米国の住宅セクターの問題はあと数四半期は米国経済の重しになるが、これまでのところ消費は持ちこたえていると述べた。

   

« 中国人民元上昇 | トップページ | OPECは1バレル=62-65ドルの価格帯を容認か »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15094286

この記事へのトラックバック一覧です: 経済の見通しは非常に望ましい:

« 中国人民元上昇 | トップページ | OPECは1バレル=62-65ドルの価格帯を容認か »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ