« 為替取引量でドイツ銀行が世界シェア1位 | トップページ | ユーロの地位向上は自然で健全な流れ »

2007.05.05

ユーロ高でもマイナスの影響はない

 アルムニア欧州委員(経済・通貨問題担当)の発言(3日)

   要  件  欧州委員会の年次報告に関する記者会見

(発言概要)

 通貨ユーロは過去1年間、米ドルや円に対して上昇しているが、これまでのところ

    ユーロ圏全体で

ユーロ相場の動向によるマイナスの影響は出ていないと語った。

 東欧市場への拡大があり、域内の物流が拡大しており、ブロック化経済内でのユーロ高はほとんど影響がなく、輸入原料の価格下落が利益の幅を大きくするという好循環が起きており、日本経済とは逆の歯車の動きのようだ。

« 為替取引量でドイツ銀行が世界シェア1位 | トップページ | ユーロの地位向上は自然で健全な流れ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/14957176

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ高でもマイナスの影響はない:

« 為替取引量でドイツ銀行が世界シェア1位 | トップページ | ユーロの地位向上は自然で健全な流れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ