« 激しい応酬 | トップページ | 貿易不均衡の問題 »

2007.05.24

資本逃避に見舞われるリスク

ロバート・サバラマン氏らのリポート(18日付)
   リーマン(米証券会社)のエコノミスト
   香港在勤
   アジア担当チーフエコノミスト(日本を除く)

 アジア経済は10年前の金融危機時に比べ健全性を増しているものの、米国の景気減速が欧州や日本に波及することが、輸出依存のアジア諸国・地域が直面する資本逃避に見舞われるリスクがあるとの見方を示した。
 アジアの新興市場の輸出依存度は世界平均の2倍に近くに達しており、地域の輸出品の60%は米国と欧州、日本向けとなっている。

 世界的な需要急低下は日本を除くアジアの多国間サプライチェーンを揺るがし、外に開かれ内需の弱い国・地域が最も影響を受けやすいと見られる。
 この条件に当てはまるのはシンガポール、香港、タイ、台湾、韓国だという。

« 激しい応酬 | トップページ | 貿易不均衡の問題 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15181768

この記事へのトラックバック一覧です: 資本逃避に見舞われるリスク:

« 激しい応酬 | トップページ | 貿易不均衡の問題 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ