« G8共同声明 | トップページ | ミレニアム開発目標とG8アクション・プラン »

2007.05.20

自主的というアプローチ

 キミット財務副長官(米国)の発言(19日)

    主要8カ国(G8)財務相会合の終了後のインタビュー

 人民元の変動幅拡大とヘッジファンドの行動規範、世界の貿易・投資の不均衡について

(発言概要)

 中国の為替政策の変更は、重要なステップである。
 われわれは中国が自国に与えた柔軟性を活用するよう望んでいる。

 ヘッジファンドに対するG8の間で大きな意見の相違はない。自主的な行動規範に関して唯一言いたいことは

     各国が業界に何かを自主的に行うよう求めれば

それはあまり自主的には聞こえないということだ。
(欧州や日本の業界に対するアプローチの手法について釘を差した)

 また、G8は世界の経済不均衡への懸念は持続しており、弱まっていない。

  

« G8共同声明 | トップページ | ミレニアム開発目標とG8アクション・プラン »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15132726

この記事へのトラックバック一覧です: 自主的というアプローチ:

« G8共同声明 | トップページ | ミレニアム開発目標とG8アクション・プラン »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ