« エマージング市場の不安定化 | トップページ | ユーロ高の懸念は示さず »

2007.05.01

円高と円安とはどういうもの?

 米ドルやポンドといった外貨に対して円の価値が相対的に高くなることを
    円 高
といい、その反対を
    円 安
といいます。ranking

 例えば 1ドル=120円から1ドル=110円に相場が動いた場合は、米ドルに対して円高となります。逆に1ドル=110円から1ドル=120円に相場が動いた場合は、米ドルに対して円安となります。
 円高は外貨で代金を受け取る輸出業者にとっては、収入の減少につながります。
 しかし、輸入業者にとっては商品の購買価格が下がり、価格を引き下げなければ原料が安くなるわけで、その分利益が拡大し収入の増加につながります。  

   人気ブログランキングへ ← 参考になったらクリックをお願いします。 

 

 つまり、円安は円高とは逆に輸出業者が潤い、輸入業者が打撃を受けます。ただし、為替変動による収益悪化を防ぐために通貨の先物取引やオプションを利用して、為替変動リスクをヘッジして軽減する方法がありますので、目先の為替変動に伴う収入の変化を標準化させるために多くの企業でこうした先物取引等が採用されています。

 「円安」、「円高」といっても、どの程度の水準が円高、円安というものではなく、ある時点での為替レートと比較して「円安」とか「円高」と表現するものです。ranking

   
    ○ 自分の投資スタイル
    ○ デモで外貨取引体験
    ○ FXによる儲け方

   
 

« エマージング市場の不安定化 | トップページ | ユーロ高の懸念は示さず »

はじめてのFX CFD BO」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16472380

この記事へのトラックバック一覧です: 円高と円安とはどういうもの?:

« エマージング市場の不安定化 | トップページ | ユーロ高の懸念は示さず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ