« 追加利上げの可能性 | トップページ | サウジが原油出荷1割の削減を通告 »

2007.06.12

LBOを基にしたジャンク債など金融商品への投資リスク

 キングマン・ペニマン氏の発言(11日)
  KDPインベストメント・アドバイザーズの社長
  ジャンク債(投機的格付けの債券)アナリスト


(ジャンク債などについて)

 契約条項や担保が不足したレバレッジドバイアウト(LBO、買収先の資産を担保にして資金を調達した買収)が活発になっており、信用スプレッドは拡大すべきだが、そうなっていない。
 株式相場やボラティリティ(価格変動率)、債務不履行率から判断した結果、信用状況は非常に良好と結論付けているようだ。

 これらのLBOや企業の合併・買収(M&A)のすべてが問題になるだろう。

 レバレッジが前例にないほど高く、契約条項のない案件がみられる。

 投資家は目を覚まし、このようなLBOを基にしたジャンク債など金融商品への投資を避けるべきだ。

  

« 追加利上げの可能性 | トップページ | サウジが原油出荷1割の削減を通告 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15403917

この記事へのトラックバック一覧です: LBOを基にしたジャンク債など金融商品への投資リスク:

« 追加利上げの可能性 | トップページ | サウジが原油出荷1割の削減を通告 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ