« 利益を失わないようにすべき | トップページ | 来週は波乱含み »

2007.06.23

外貨準備運用機関

 ロウリー次官代理(米国 財務省)の講演(21日)

    場  所  サンフランシスコ

(発言概要)

 世界各国の外貨準備運用機関は中国を始め、ロシアやノルウェーなどでは石油生産国で石油準備基金として広がっている状況であり

     金融市場に及ぼす影響

に懸念を表明した。

 中国の外貨準備運用機関は5月、ブラックストーン(プライベート・エクィティ PE)の非議決権株式を30億ドル取得した。

 これを受けウェブ上院議員 (民主党・バージニア州)は、中国の米PEへの出資に対しブラックストーンが出資する企業に

     防衛関連が含まれる

とした上で

     安全保障問題につながる

と指 摘し、ポールソン財務長官やコックス米証券取引委員会(SEC)に対し、20日に文書を提出していた。

 ロウリー次官代理は、外貨準備運用機関に対する国際通貨基金(IMF)や世界銀行の監視あるいは規制を検討すべきとの認識を示した。

 世界の公的外貨準備高は現在約5.1兆ドルとされるが、その内外貨準備運用機関の総資産は、近い将来全体の約50%にあたる2.5兆ドルに達すると試算されている。


(PR) 連続ストップ高的中の《デイトレ王》   

« 利益を失わないようにすべき | トップページ | 来週は波乱含み »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15526276

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備運用機関:

« 利益を失わないようにすべき | トップページ | 来週は波乱含み »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ