« ECBの金利は高すぎない | トップページ | 為替相場操作国 »

2007.06.13

イランのエネルギー関連企業の株式売却

 国営イラン石油公社(NIOC)のホヤトラ・ガニミファード氏(執行役員 国際関係担当)がクアラルンプールで明らかにした。

 イランは、NIOCを含む国営エネルギー企業の株式を売却し

  最大900億ドル(約10兆 9500億円)

を調達する可能性がある。


 イラン民営化庁は先週、掘削企業やガス生産、精製会社など 112社の民営化を承認し、法的手続きの最終段階は終えており、こうした企業への海外からの出資が可能になると語った。

 イランは今年に入り、国営銅公社の株式を売却している。投資家は1つの企業すべてを買収することも可能だが、手続きにはおよそ2年程度かかる見通しのようだ。

 この株式売却される企業の所有者に中国やインドなど新興国、欧州、ロシアなどが出てくる可能性もあり複雑な動きが為替相場に影響を与えるかもしれない。ただ、手続き時間が長く設定されており、核問題との関連も出てきそうだ。

« ECBの金利は高すぎない | トップページ | 為替相場操作国 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15413628

この記事へのトラックバック一覧です: イランのエネルギー関連企業の株式売却:

« ECBの金利は高すぎない | トップページ | 為替相場操作国 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ