« 熱戦に火ぶた | トップページ | 差し迫ったリスク »

2007.07.08

アジア通貨危機から10年経過

 タイの通貨バーツ急落を機にアジア各国の経済が大混乱に陥りロシア通貨の暴落まで続いた通貨危機。LTCMの破綻が起きことでも知られるが間もなく10年が経過しようとしている。

 現在では、過去の危機感が嘘のように通貨危機に遭遇したタイ、マレーシア、インドネシア、韓国などは、 この10年で再び国外への資金流出が起きないよう経済、金融の改革を進め、成長軌道を回復させており内部留保の外貨準備金など資金は潤沢になっている。

 当事、厳しい資本規制を敷いていたため通貨危機を免れた中国は、その後、安価な労働力を資源とし各国から工場が進出し、技術移転が行われた。
 現在では中国は世界 4位の「経済大国」に急成長しているのもの外資の過度の流入からバブルの様相が深まっている。このため株式市場は乱高下が多く見られ

    中国発の危機

につながる懸念は2月の中国株下落を起点とした世界同時株安の発生でも見られたとおり。人民元流出と中国保有の米国債券売りが同時に起きる可能性も捨てきれず市場は大混乱するリスクはなくなっていない。
 近々には起きない模様だが、北京オリンピック後にはリスクが更に高まる感じがする。

« 熱戦に火ぶた | トップページ | 差し迫ったリスク »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15688332

この記事へのトラックバック一覧です: アジア通貨危機から10年経過:

« 熱戦に火ぶた | トップページ | 差し迫ったリスク »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ