« ねこつながり? | トップページ | 米相場 »

2007.07.01

ブレトン・ウッズ体制 (Breton Woods Agreement)

 米国ニューハンプシャー州ブレトン・ウッズに1944年7月、連合国44ヶ国が集まり、第二次世界大戦後の国際通貨体制に関する会議が開かれた。

 この会議で国際通貨基金(IMF)協定などが結ばれた。

 その結果、国際通貨制度の再構築や、安定した為替レートに基づいた自由貿易に関する取り決めが行われ、その後約25年続いた。

 この体制をブレトン・ウッズ体制という。

 加盟国の通貨レートは上下1%以内の変動幅でドルに釘付けすることが義務づけられ、ドル自体は1オンス=35ドルのレートで金に固定されたことから、「金ドル本位制」とも呼ばれた。

« ねこつながり? | トップページ | 米相場 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16689744

この記事へのトラックバック一覧です: ブレトン・ウッズ体制 (Breton Woods Agreement):

« ねこつながり? | トップページ | 米相場 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ