« ユーロ高による雇用阻害はない | トップページ | 悲観派が増大(米国) »

2007.07.12

現在のユーロの水準はユーロ圏経済の力強さを反映

 シュタルク理事(ECB)の発言(10日)
     フランクフルトで記者団に対して

 歴史的にみてわれわれは現在、ユーロ導入前の各通貨が1990年代に推移していた範囲にある。現在のユーロの水準はユーロ圏経済の力強さを反映している。

 前日のユーロの対米ドルでの最高値更新にも満足していることを示唆した。

 また、ユーロの上昇には石油など商品価格が割安になってなどプラスの効果も一部あるとの認識を示した。

« ユーロ高による雇用阻害はない | トップページ | 悲観派が増大(米国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15731795

この記事へのトラックバック一覧です: 現在のユーロの水準はユーロ圏経済の力強さを反映:

« ユーロ高による雇用阻害はない | トップページ | 悲観派が増大(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ