« 中国への直接投資(FDI)は減少するか? | トップページ | NY株式は取引量が減少 »

2007.07.07

急ブレーキの前にタッピングが必要

 外為市場では、来週は日本銀行の

     8月利上げ観測
     今後の利上げペースへの感触

が焦点となりそうだ。
 もし、7月に利上げするなど利上げのペースが早まることになれば、円売りの地合いが弱まるとみられる。    

 週末、6月米雇用統計が強い数字を示したことや原油価格が急上昇するなど米ドルの買い戻しが出ており、円キャリーの流入も証拠金取引などの総額の1割を占めた状況では高値つかみをしている投資家がおり、チキンレースの最後の場面かもしれない。

 目先大きく売り込まれた場合にパニック売りが出る可能性は否定できない感じ。

 市場では日銀の8月利上げを織り込んでおり、来週の決定会合で金利据え置きに反対票を投 じる者が出た場合に8月利上げに向けどう地ならしするか注目される。

 その後、コンスタントに利上げのペースが年度内2回の観測から3回になれば、市場全体に影響が ある。

 円キャリーの場合、巻き戻しの規模が問題で、25bpとしても低利からの上昇割合は大きく影響は他の主要通貨とは異なるためパニックとなりやすい。米国債券を売って円シフトする流れを作ってから衝撃を弱めるなどの工夫が必要ではないでしょうか。

« 中国への直接投資(FDI)は減少するか? | トップページ | NY株式は取引量が減少 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15677905

この記事へのトラックバック一覧です: 急ブレーキの前にタッピングが必要:

« 中国への直接投資(FDI)は減少するか? | トップページ | NY株式は取引量が減少 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ