« 保守的な投資姿勢に | トップページ | アジア市場は活況 »

2007.07.08

日米の金利動向に市場が踊る?

 今週は日米の金利動向に市場全体が振らされる展開になりそうだ。

 米国では堅調な経済指標を背景に金利の先高観測が一段と強まる可能性が高い。ただ、米国の長期金利が一段と上昇するようだと、株式などリスク資産への悪影響は避けられない。

 米国経済の景気減速は新興工業国の経済を直撃することになり、リスクマネーは退潮をしめすことから円キャリーの巻き戻しも起きることとなりそうだ。

 日本国内要因としては、日銀の動きが関心を集めている。
 12日の金融政策決定会合では現行の金融政策維持が決定されるとの見方がコンセンサスになっている。

 ただ、一部の委員から利上げ提案が出された場合

   8月の利上げが強く意識されること

になる。
 会合後の福井俊彦総裁の会見は注目で、今後の利上げペースを読み込みたいと意識することになるだろう。

  

« 保守的な投資姿勢に | トップページ | アジア市場は活況 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15682754

この記事へのトラックバック一覧です: 日米の金利動向に市場が踊る?:

« 保守的な投資姿勢に | トップページ | アジア市場は活況 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ